大阪の美容皮膚科で根本的なアンチエイジングのしわ治療

医療の力を使った対応も考えよう

医療の力を使った対応も考えよう | 私が興味を持ったのはヒアルロン酸注射 | もっと早く受ければ良かった

アンチエイジングの取り組みを始めたのは、30代過ぎた頃からです。
若い時にはどちらかというとオイリー肌だったのに、出産を終えてからホルモンバランスの乱れもあってか急に乾燥肌になってしまったというのもきっかけでした。
目尻のしわが増えてきたのが気になって、主に高機能な化粧品を使うようにする事での対策です。
今までは基礎化粧品は化粧水と乳液しか使っていませんでしたが、美容液とクリームも追加して5点スキンケアを始めたのですが、それでもしわやシミがどんどん増えてくる感じでした。
40代を過ぎた頃、法令線が目立ち始めてそれがとても気になりました。
これは自分で行うセルフケアだけでは限界があるなということで、医療の力を使った対応も考えようと、しわ治療はどんな方法があるのか調べ始めました。
大阪にも美容皮膚科や美容外科がたくさんあり、レーザーやフラッシュ、また美容注射を使ったアプローチはやりやすそうだという印象でした。
メスを使わなくてもコラーゲンが生成されるフェザーリフトといって、糸を頬に入れる施術や、大掛かりな手術ですとリフトアップなどがありましたがそれはちょっと怖いので無いなという感じです。